HOME>県独自の制度を活用しよう>県独自の制度を活用しよう

申請までの流れなどを知ろう

愛知県にお住まいの方で、自宅に太陽光発電設備を付けて省エネ住宅にしたい、不要な電気を売電して収益を挙げたいと考える人はいませんでしょうか。愛知県は年間を通して全国平均を上回る日照時間を誇る、太陽光発電に適した土地と言えます。そんな好条件下にあるこの地では、独自の太陽光発電補助金制度があります。正式名称は愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進補助金と言い、住宅用太陽光発電施設と家庭用エネルギー管理システムのHEMS等を一体的に導入する際に受けられる補助金となります。この補助の対象になるのはまず個人である事、市町村補助金の補助対象である事などが挙げられます。市町村ごとに補助を受けられる要件が異なる場合もあるので、自分の住んでいる自治体のホームページ等であらかじめ確認しておいてください。また、戸建て住宅においては店舗兼住宅・共同住宅の場合もその住宅に生活実態があれば申請が可能です。そして気になる申請の際の流れですが、設備工事着手前、あるいは県指定の太陽光設備が付いた住宅の引渡し前までに県の発行する申請書に必要書類を添付して、クリーンセンターという場所に提出します。その後実際の工事完了、もしくは住宅の引き渡し後30日以内に補助金実績報告書という書類に必要書類を添付し同じクリーンセンターに提出します。そして、申請が通れば県の指定する額の補助金が手に入ります。よくある質問は申請書ダウンロードの画面の質疑応答集に記載されているので、そちらにも目を通しておきましょう。

ニュース